FANDOM


Aliens poster.jpg

エイリアン2』(Aliens)は、1986年のアメリカ映画。『エイリアン』シリーズの第2作。監督はジェームズ・キャメロン

概要 編集

SFホラーの古典となった前作『エイリアン』から一変し、当時『ターミネーター』で一躍名を馳せたキャメロンを脚本・監督に迎え、原題通り無数に繁殖したエイリアンと未来兵器に身を固めた兵士との戦いを描くアクション映画として製作された。

1986年のアカデミー賞では視覚効果賞、音響効果編集賞を受賞。

キャッチコピーは「This time it's war.(今度は戦争だ)」。

ストーリー 編集

ノストロモ号の惨劇発生から57年、唯一の生存者リプリーはハイパースリープで宇宙空間を彷徨い続けた末にようやく救助される。リプリーは覚醒後、当時11歳になろうとしていた娘が自分より先に老いて亡くなっていたという事実を聞かされる。その上、エイリアンの事件についても精神を病んだ妄想であると決め付けられ、ショックを受ける。

そんな中、ノストロモ号の惨劇においてエイリアンを発見することとなった惑星LV-426が、現在は植民地として開拓されていることを知る。エイリアンの危険性をなおも訴えるリプリーを会社の上層部は軽くあしらうが、それから程無くして惑星を開拓していた住民157人が消息を絶った。リプリーは己のトラウマと向き合うため、住民救助を任された植民地海兵隊のアドバイザーとして、再び惑星LV-426に赴く。そこで海兵隊が見たものは、奇妙に破壊された施設や標本として保存されたフェイスハガー、絶望的に追い詰められた開拓団の残した痕跡、そしてただ1人生き残った少女ニュートだった。

強力な火器で重武装した海兵隊は、生存者と思われる反応を追って惑星大気を改造する巨大な環境システム施設内部に突入する。しかし、そこは既にエイリアンの巣窟と化していた。生存者は残らずエイリアンの繭にされており、襲い来るエイリアンとの戦闘で海兵隊は大きな損害を受ける。やむなく核爆弾の投下による殲滅を決定するも、呼び寄せた惑星降下船にまでもエイリアンの魔手が及んでおり、目の前で墜落、大破してしまう。さらに施設の原子炉が暴走し、メルトダウンまでのタイムリミットが迫る。人間とエイリアンの生死を賭けた戦いが始まった。

スタッフ 編集

登場人物・キャスト 編集

エレン・リプリー - シガニー・ウィーバー
ノストロモ号唯一の生存者。再びエイリアンとの戦いに身を投じる事になる。
ニュート(レベッカ・ジョーダン) - キャリー・ヘン
開拓者団最後の生き残りの少女。ニュートとはイモリを意味するあだ名で、本名のレベッカは兄だけしか使わない。通風管の中を逃げ回っていたところを、海兵隊の動体探知機が反応して発見される。リプリーとは交流を通じて親子のような情で結ばれる。劇中では最後まで生存する。
ドウェイン・ヒックス - マイケル・ビーン
階級は伍長。小隊では第二分隊の分隊長(メンバーはドレイクとフロストとディートリック)であったが、小隊が壊滅し部隊長であったアポーンがエイリアンにさらわれた後、小隊指揮官のゴーマン中尉が気絶したため指揮を引き継ぐこととなる。危険な戦地に赴く降下艇の中で眠りこけたり、(この時代から見れば)時代錯誤なモデルのショットガンに愛着を持っているなど、一見したらいいかげんな性格に見えるが仲間からの信頼は厚く、指揮を委任された後は強いリーダーシップを見せ、リプリーら生存者達に頼られる存在になる。リプリーとは絆が芽生えたようで、パルスライフルの使い方を教えたり、互いにファーストネームで呼び合ったりするようになる。エイリアンから逃亡する際に酸の血液を浴びて負傷するが、劇中では最後まで生存する。
ビショップ - ランス・ヘンリクセン
医療従事用アンドロイド。装甲車の運転も担当。当初はリプリーに嫌悪される。リプリーに対しては暴走したアンドロイドは古い型の不具合であり自身は問題ないと説明する。人間ではないが恐怖心はあると語っている。スラコ号に残っていた降下艇を操作するために一人でパイプの中を匍匐前進で移動し、降下艇を遠隔操作で呼び戻す。その後エイリアンクイーンに胴体を真っ二つに引き裂かれるが、劇中では最後まで生存する。ナイフを使った曲芸(広げた手の指の間を高速で突き立てていくもの)が得意で、劇中でハドソンの手に自分の手を重ねて人間離れした速さで行っていた。
ウィリアム・ハドソン - ビル・パクストン
階級は上等兵。メカニック担当。部隊内の盛り上げ役だがお調子者で、ゴーマンに対しても皮肉を言う。出撃前はエイリアンの存在も信じていなかったせいか常に余裕で威勢もよかったが、エイリアンの大群に襲われてからは勝てるわけがないと悲観的になり、リプリーに叱咤される。その後は落ち着きを取り戻し、基地内のコンピュータを操作して地図を呼び出すなど活躍。バリケードを突破してエイリアンの大群が押し寄せてきた際には、バスクエスに劣らぬ勇猛さを見せてエイリアンに立ち向かうが、床下ダクトから現れたエイリアンに引きずり込まれ、その後の生死は不明。ノベライズではエイリアンの繭にされるよりはマシだと判断したヒックスが床下ダクトめがけて射撃する(こちらも生死不明)。
カーター・J・バーク - ポール・ライザー
ウェイランド社社員。救助されたリプリーのお目付け役。エイリアンを持ち帰るという社の指令を受けており、自身も大金を得られるためにその野心を持っている。リプリーおよびニュートにエイリアンの幼生を寄生させ会社に持ち帰ろうと画策するが失敗、正体を見破られ皆に糾弾される。そこへエイリアンが現れ皆の気が取られているうちに逃げ出すが、逃げ出した先にもエイリアンが現れ襲われるという自業自得の最期を遂げる。ブルーレイ版にはこの後のシーンが特典として収録されている。そこでは繭にされており、ニュートを探していたリプリーに助けを求めるも無視されている。ノベライズではエイリアンにさらわれており、寄生されたので殺してくれと懇願する。
ジェニット・バスクエス - ジェニット・ゴールドスタイン
階級は上等兵。勝気な女だが、仲間を思う気持ちは強い。ドレイクとは仲がよい。ゴーマンのことを良く思っていない。
原子炉に近い場所のためにゴーマン中尉から銃火器の発砲を禁止されるが、ドレイクと共に造反してスマートガンでエイリアンと戦う。ドレイクを助けるためにスマートガンでエイリアンを倒すが、その返り血の酸でドレイクは死亡。装甲車でエイリアンの巣から逃れた際には海兵隊壊滅の一因となったゴーマンを責め、彼を殺そうとするも、ヒックスに制止される。
その後も死んだドレイクや仲間の仇を討つべく殿を務め、エイリアンと戦うが返り血の酸で自身も負傷し、身動きができなくなる。そこへ助けに来たゴーマンと共に手を取り合いながら手榴弾で自爆する。
ウィリアム・ゴーマン - ウィリアム・ホープ
階級は中尉。実戦経験に乏しいが、多くの部下が犠牲となった事に心を痛めるなど人間性は悪くない。降下艇での降下経験はわずか1回である。輸送車に留まり無線で指示を送っていたが、現場の状況をほとんど把握できずうろたえるばかりだった。エイリアンから逃走する際の衝撃で頭を打って気絶する(ノベライズではエイリアンの尻尾に刺され、麻痺毒を注入されたため意識はあるが行動不能となる)。その後は自身の指揮の未熟さが最悪の結果を招いた事に反省し、リプリー達に従うようになり、自身も銃を取ってエイリアン達に立ち向かう。負傷したバスクエスを救助に向かうが、弾丸がなくなりバスクエスと共に手を取り合い、手榴弾で自爆する。
マーク・ドレイク - マーク・ロルストン
機関銃手。階級は二等兵。バスクエスと仲がよい。ゴーマンのことを良く思ってない。原子炉に近い場所のためにゴーマン中尉から銃火器の発砲を禁止されるが、バスクエスと共に造反してスマートガンでエイリアンと戦う。死角からエイリアンが現れたところをバスクエスが撃って助けるが、飛び散った血液の酸を浴びて死亡する。
アル・アポーン - アル・マシューズ
下士官。階級は軍曹。前線部隊の部隊長であると同時に第一分隊の分隊長を担当(メンバーはハドソン、バスクエス、ウィズボウスキー、クロウ)。部隊内の問題児達に手を焼いている。エイリアンとの遭遇において、指揮官のゴーマンに指示を求めていた際に襲われ、死亡したかに思えたがその後生存反応はあった。しかしエイリアンの繭にされたであろうというリプリーの考えもあり、救助活動はされなかった。
リコ・フロスト - リッコ・ロス
階級は二等兵。ゴーマンのことを良く思ってない。住民救助のために原子炉付近へ向かう際は、ビショップに替わり装甲車の運転を務める。原子炉近くでの戦いでは実弾使用を禁止された他のメンバー達の弾薬を預かっていたが、エイリアンに捕らえられたディートリックが放った火炎放射器の炎を全身に浴び焼死。そして預かっていた弾薬に炎が引火した為爆発、その際クロウが犠牲となった。
シンシア・ディートリック - シンシア・デイル・スコット
衛生兵。階級は伍長。海兵隊のメンバーで最初にエイリアンに襲われ、さらわれてしまう。その後、アポーン同様に生体反応はあったものの、やはりエイリアンの繭にされたと推測したリプリーによってアポーン共々見殺しにされる事となった。エイリアンにさらわれる際に火炎放射器を暴発させてしまうが、これがフロストとクロウの死の原因となった。
トレヴァー・ウィズボウスキー - トレヴァー・スティードマン
階級は二等兵。海兵隊員の中で唯一台詞という台詞がない登場人物である。原子炉付近での戦いでは断末魔しか聞こえないが、カメラの映像からして、アポーンとディートリック同様エイリアンにさらわれたか、もしくはその場で殺されたと思われる(その後のシーンでは、生命反応があるのはアポーンとディートリックのみだったので後者の可能性が高い)。
ティム・クロウ - ティップ・ティッピング
階級は二等兵。劇中でも殆ど彼の姿は映らないが、Lv426に向かっている最中に装甲車内でフロストと会話しているのが彼である(その際画面には彼の顔は映らず、声しか聞こえない)。原子炉付近での戦いで、フロストが預かっていた弾薬に引火して起こった爆発に巻き込まれ、死亡。
コレット・フェッロ - コレット・ヒラー
ドロップシップの操縦士。階級は伍長。ヒックスからの撤収命令を受け、回収に向かうが既にドロップシップ機内に潜り込んでいたエイリアンに背後より襲われ、死亡。制御を失ったドロップシップは墜落した。
ダニエル・スパンクマイヤー - ダニエル・カッシュ
ドロップシップの副操縦士。階級は二等兵。ドロップシップ機内の異変に気付くも手遅れで、離陸後エイリアンに殺害された(直接描写はなし)。
ヴァン・リューエン - ポール・マクスウェル
ウェイランド社部長。リプリーを査問会にかけた。リプリーの証言を信じず、エイリアンの存在を否定していた。
ラス・ジョーダン - ジェイ・ベネディクト
ニュートの父。完全版のみ登場。一家で辺境の墜落した異星人の宇宙船を捜索中にエイリアンの幼虫に寄生されてしまい、同惑星の住民157人が全員死亡する引き金を作る。
アン・ジョーダン - ホリー・デ・ジョン
ニュートの母。完全版のみ登場。夫のラスと共に宇宙船を捜索し、夫がエイリアンに寄生されたため救援を求める。その後直接の描写は無いが、エイリアンの手により死亡。
ティモシー・ジョーダン - クリストファー・ヘン
ニュートの兄。完全版のみ登場。両親共々エイリアンにより死亡した。

メカニック 編集

M41Aパルスライフル
植民地海兵隊の制式小銃。10ミリ口径ケースレス弾100発を装填可能で残弾数がデジタル表示で示される機能があり、外観は樹脂部品を多用しているらしく一体形成部品のフレーム構造である。下部にポンプアクション式の30ミリグレネードランチャーを内蔵しており、全体的にコンパクトに収められている。リプリーはヒックスから使用法を教わったが、最初に実戦使用した時は薬室に初弾を手動で送るコッキング操作を忘れていたために狼狽する事になってしまった。プロップM1トンプソンレミントンM870ショットガンを組み合わせ、外観の一部にフランキ・スパス12の部品を流用して製作されている。
M56スマートガン
植民地海兵隊の制式支援用重火器。10ミリ口径ケースレス弾300発を装填可能。射手の身体とは可動式アームで接続され、照準コンピュータにより自動で目標を追尾・発砲する。かなり重量があるため、射手には並はずれた筋力が要求される。プロップはMG42に映画撮影用のステディカムを組み合わせた物。
火炎放射器
大気製造プラント地下での戦闘で、実弾使用を禁じられた海兵隊員達が使用した。しかしエイリアン相手にはほとんど効果がなく、さらに暴発などが原因で逆に人間側へ被害を出す事になった。
前述した通りエイリアンの成体にはまったく効かないが、チェストバスターやエイリアンの卵などには逆に実弾よりも有効であり、大気製造プラント地下での戦闘前にアポーンが捕らわれた民間人の胸から飛び出したチェストバスターを民間人諸共焼き払い、後にリプリーがニュート救出に向かう際には、パルスライフルにテープで括り付けた物を使用して、エイリアンの卵を焼き払った。
燃料タンクが本体に直付になっており、そのタンク容量からは想像のつかない大きな火炎流を発生させる。先端部には燃料着火用の小型バーナーを備える。プロップM16をベースにしている。
動体探知機(モーショントラッカー)
動いている物体の存在を感知し、距離と方位を表示する装置で小型の対人レーダーのような装備。動作原理は不明だが、前作では動体センサーとして空気密度を遠隔測定して音の高低で示す装置が登場しており、これの発展型と見なされる。探知したものを小型スクリーンに表示するが、探知機からの相対距離を水平方向の距離に換算して表示するため三次元的な探知は不可能という致命的な欠点があり、床下や天井裏に対象がいる場合は錯誤し易い。また、あくまでも動いている物体が対象なので、劇中ではエイリアンがすぐ近くにいるにもかかわらず、動き始めてから感知する場面もあった。
グレネード
植民地海兵隊の制式手榴弾。手榴弾といっても形状は弾丸に酷似しており、劇中ではM41Aパルスライフルのポンプアクション式グレネードランチャーから発射するのが一般的だった。しかし、手榴弾と同じく弾体の起爆スイッチを押せば数秒後に爆発する。
拳銃(H&K VP70
植民地海兵隊の制式拳銃(バスクエスは私物と思われるS&W M39を使用)。あくまでもバックアップ用の武器でしかなく、威力は小さいが、それでも至近距離から発砲すれば、エイリアンの硬い表皮でも数発で撃ち抜くことが出来る。
ショットガン(イサカM37
ヒックスがパルスライフルとは別に、背中に隠し持っていた銃。大気製造プラント地下での戦闘で使用した。
使用したイサカM37はこの時代では非常に時代錯誤なモデルらしく、見せつけられていたフロストは半ば呆れていたが、ヒックス自身は「接近戦ではこれが一番」と絶賛していた。事実劇中ではエイリアンの頭部を一発で撃ち抜いている。
ヘルメット
植民地海兵隊の制式ヘルメット。小型カメラとマイク及び単眼式の赤外線ゴーグルが装着されている。カメラとマイクが捉えた映像や音声はAPCでモニターされている。
小型発信機
ヒックスがリプリーに手渡した発信機。専用の探知機で信号を拾い、居場所を調べられる優れものだが、リプリーはこれをニュートに渡し、物語後半で重大な役割を担うことになった。
セントリーガン
ノベライズと完全版にのみ登場した自動制御の機関銃。耐火ケースに入っていたため降下艇の墜落やAPCの炎上にも生き残った。リプリー達の籠城したエリア周辺に設置され、内蔵の動体探知機により接近するエイリアンを自動迎撃した。弾薬箱とセットで設置されるが、連射性能が高い半面弾薬に限りがあり、遠隔アウトプットされた残弾数の表示が静かな緊迫感を演出した。
ドロップシップ(降下艇)
APC一台を搭載可能。スラコ号には2機が搭載され、1号機は飛行中にパイロットがエイリアンに殺されたため墜落、APCと激突して爆発炎上した。その後ビショップの遠隔操作により2号機を無人で降下させて脱出に使用した。大気圏内でホバリングできるほか、左右に展開するロケットポッドを備える。単独で大気圏突入から惑星軌道に脱出する飛行能力を備える。
APC(Armored Personnel Carrier)装甲兵員輸送車
海兵隊員達を現場に運ぶ輸送車両。車高は低く抑えられ、砲塔も後部に収納可能。空港の作業車輌をモチーフにデザインされた。巨大なタイヤを備え不整地走破性能はかなりのものだが、悪路での乗り心地はお世辞にも良いとは言えず、中で放り出されないようシートバーで乗員を固定する必要がある。
スラコ号
リプリーと海兵隊員達がLV-426に向かうのに使用した宇宙戦艦。長期の宇宙航行のための冷凍睡眠装置を備えている。
パワーローダー
パワードスーツの一種で、一言で言うと人間型のフォークリフト。リプリーは地球に帰還後に2級免許を所得して貨物倉庫で働いており、スラコ号でも装備の積み込みを手伝った。溶接機が備えられていたりスラコ号のエアロック開閉の遠隔操作もできるなど多機能である。終盤ではスラコ号に侵入したクイーンと格闘戦を演じた。パワーローダー (エイリアン2)参照。

ディレクターズ・カット 編集

公開当時にカットされた場面を復刻した「完全版」が1991年末にリリースされた。劇場公開版はVHS、LD、VHDで発売されたが、DVDでは完全版のみのリリースだった。2004年に発売されたDVDアルティメット・コレクションの北米盤では劇場公開版と完全版を選択できたが、日本盤では完全版のみの収録となった。2008年11月に発売されたUMDは劇場公開版。2010年11月に発売されたブルーレイでは劇場公開版と完全版を選択できる。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki