FANDOM


Ellen Ripley

テンプレート:Character Infobox エレン・リプリー(Ellen Ripley, 2092年1月7日 - )は映画『エイリアン』シリーズに登場する人物。地球生まれの女性。シガニー・ウィーバーによって演じられた。

人物編集

19歳のとき、彼女は娘のアマンダ・リプリー・マクラレン(2111年6月24日)を産んだ。

2122年、リプリーはウェイランド・ユタニ社に雇われ、宇宙船ノストロモ号の船員となった。航海の途中にLV-426という惑星から電波をキャッチし、その調査を行う。惑星では仲間の船員がエイリアンに寄生されたが、ノストロモ号はそれに気づかず惑星を去った。その後寄生していた1匹のエイリアンによって、船員はリプリーを除いて皆殺しにされた。この際、ウェイランド・ユタニ社によって製造されたアンドロイドが船員の中にひそかに混じっており、これが被害の拡大を助長させていた。エイリアンをなんとか宇宙空間に捨ててたった一人生き残ったリプリーは「ハイパースリープ」(冷凍睡眠のようなもの)に入り、眠りについた(『エイリアン』)。

その後、リプリーの乗った宇宙船は2179年まで宇宙をさ迷い、彼女は57年の間眠り続けた。リプリーが目を覚ます2年前の2177年11月23日、彼女の娘のアマンダは67歳で老衰で死んでしまった。そのあとLV-426に民間人が住んでいることがわかり音信不通の連絡が入る。リプリーは海兵隊とともに旅立つ(『エイリアン2』)。

直後Facehuggerは、ボード上の電気火災の原因となった後、彼女の凍結チャンバーがEEVにSulacoから取り出されたときに、エレンリプリーはフィオリーナ161で足止めされました。すべてcryochambersは、全男性刑務所の植民地、フィオリーナ"フューリー"161で墜落した。残念なことに、ヒックスは、衝撃によるEEVの破片で刺して死亡した。イモリは、海に墜落し、彼女の凍結チャンバー内に溺れ、ビショップはさらに破損して植民地に囚人スクラップヒープに置かれた。彼女は仲間を殺したかを把握しようとしたので、彼らの損失が大幅にリプリーに影響を与えた。彼女の内側Chestbursterが噴火しようとしていたので、彼女はゆっくりと優雅に彼女自身が溶融鉛に向かって落下しましょう。女王は彼女の胸から噴出したが、彼女はまだ彼らがリードして撮影したとして、それを保持するのに十分な強度を有していた (『エイリアン3』)。

しかし、200年後に残された血液によってクローン再生され、生き返り、再びエイリアンとの死闘を繰り広げた末、地球に帰還した(『エイリアン4』)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki